CAMP MANIA PRODUCTS

HAWAII FISHING 2017 バラクーダ編

Pocket

先日のハワイ遠征。

ウィルソン湖のピーコックバス・フィッシングの他に、アラワイ運河のバラクーダを狙ってきました。

オアフ島に訪れた方はご存知かと思いますが、ワイキキのホテル街山側にはアラワイ運河が流れています。

河口に近いので、海水が混ざったいわゆる汽水域です。

 

生活排水が流れ込んでいるので決して綺麗ではありませんが、地元の学生が競技ボートの練習場としても使っています。

淡水魚のテラピアが大量発生しており、今回ターゲットのバラクーダ(オニカマス)やGT(ロウニンアジ)の小さいのも釣れたりします。

アラワイ運河の暴君”バラクーダ”をトップウォーターで釣るのが、今回のミッション。

約1時間ほどしか釣っていませんが、それでも何人かの日本人フィッシャーマンと遭遇しました。

みなさん、日本からタックルを持ち込んだそうです。

「日本人には釣り好きが多い」ってのは本当ですね。

 

バラクーダは、和名オニカマスという海の魚で最大魚は150cmくらいに達します。

ここアラワイ運河では、大きくても45cmくらいでしょうか?

小魚を食するフィッシュイーターで、どう猛な魚です。

小型のミノーやジャークベイトが有効なんですが、実は小型のペンシルベイトでもアクション次第でかなり釣れます。

ポイントは魚の位置と向き、そしてルアーを引く方向。

バラクーダって魚は割と障害物の影に潜んでいる事が多いです。

岩がごろごろしたポイントを探して、上流側に向かって45度角にキャストすると釣果が上がります。

魚食性が強い魚なので、反射版の入った細めのペンシルを3Dのパニックアクションで誘うと更に有効的。

ほとんど、ピーコックバスのそれと同じです。

「ボゴッ!」って感じで鋭くバイトしてきます。

ROD:CAMP★MANIA PRODUCTS/TRAVEL STICK BS4860M

REEL:ABU/2601C改

LINE:Berkley/SUPER FIRE LINE crystal 20lb

LURE:KV/JOAOZINHO PEPINO

喰ってきたのは45cmくらいの美しいバラクーダでした。

 

Pocket