CAMP MANIA PRODUCTS
NEWS / CAMP BLOG

“PRECIOUS”試し張りリポート

Pocket

訪れたのは、地元岐阜の粕川キャンプ場。

新作テントのフィールドテストを兼ねて友人達とファミリーキャンプしてきました。

暑くも寒くもなく、キャンプするには最適なシーズン到来ですね。

花粉症さえ無ければ最高でした!(笑)

CAMP MANIA PRODUCTS / “PRECIOUS” twin pole shelter

DSC_9602

ご存知のとおり、OGAWAキャンパルに製作を依頼した”プレシャス”です。

形状はツインピルツを大きくした感じで、新作のオーティスに近いスペックとなっています。

明らかに違う点は、まず使用素材にあります。

見た目はコットンの様なんですが、実はポリエステルスパンという素材を全面に使用して製作しました。

あえて泥よけは付けていません。

極めてシンプルな構造になっています。

DSC_9594

テント内の中央部には、LEDランタンを装着できるようにループを二ヶ所付けました。

小さな事なんですが、個人的にずっと欲しかったパーツなんですよね。

写真の様にディジーチェーンも固定できます。

DSC_9610

現時点では専用インナーテントの製作予定はありませんが、とりあえず思案中です。

今回はツインピルツ7ハーフインナーを装着して使用してみました。

DSC_9600

設営方法によってはオープンタープに近い形状になります。

さまざまなアレンジができるのはいいですね。

DSC_9617

テント生地が丈夫なので、強風でも安心してキャンプできました。

思ったよりも遮光性が高く、夏のキャンプにも重宝しそうです。

技術担当の方曰く、「ポリエステル素材ではあるんですが燃えにくい」とのことです。

コットンの様な質感なので、ウッドファニチャーとの相性も抜群でした。

DSC_9591

今回、このプレシャスを製作するにあたり、以下の様なことを考えて企画しました。

 

家族や仲間が共有できる大きなスペースを作れること。

耐水性、耐候性、遮光性に優れていること。

ウッドファニチャーと相性がいい質感の素材であること。

年中使えるデザインであること。

とにかく丈夫でシンプルであること。

 

そこに細かい拘りを加えていって”プレシャス”は完成しました。

使っていくうちに、「ああ、なるほどね!」と思っていただける部分もあるかと思います。

ご購入予定の方は、どうぞお楽しみに!!

実は少し生産が遅れているのですが、来月中には流通が開始する予定です。

Pocket