CAMP MANIA PRODUCTS

CAMP★MANIA EXTERIOR vol.01

Pocket

SUNSHOW夢ハウスさんとのコラボレーション。

エクステリアデザインと空間デコテーションの依頼を受けましたので、私が担当させていただきました。

6/17(土)〜18(日)はオープンハウスのプレオープン。

アドバイザースタッフとして参加です。

イメージはプライベートキャンプ場。

普段の生活の”ほんの少し先にあるアウトドア”を提案させていただいました。

子供達が裸足で安全に遊べて、新しいコミュニケーションの中心になるような庭のデザインです。

キャンプ用品は、CAMP★MANIA PRODUCTSを中心に様々なブランドをセレクトしています。

 

変形型のウッドデッキ。

テントスペースを考えて、芝生サイトが広くなるようにデザインしました。

高さはサイトの一体感を出すためと、椅子に座った時の視点がなるべく低くなるように製作してあります。

何故かと言うと、キャンプは地面に近いほど楽しいからです。

 

ヘリンボーン調のウッド配列でオシャレ感を上げました。

 

今回はファミリーキャンプを意識してコットン幕のBELL TENT/300をセレクト。

子供たちの遊び場として活躍しています。

 

小型の薪ストーブはテントにインしたり、コンテナに設置したりと幅広く活躍します。

ANEVAY/FRONTIOR STOVEは天板部が外れるので、そのまま調理用の野外ストーブとしても◎ですね。

 

焚火サイトもセッティングしました。

今回のプレオープンには間に合いませんでしたが、グランドオープンには焚火台の土台となる”FIRE BASE”の試作モデルを紹介できると思います。

芝生を熱から守り、ファイアハンガーを地面に穴を空けず使えるアイテムです。

 

今回のエクステリアデザインのポイントでもあるコンテナハウス。

雨の日には、この中でキャンプもできます。

キャンプ用品をはじめ、非常食や燃料などが保管ができる巨大なストレージになりますね。

そういった防災としての活用も考えて、今回採用させていただきました。

そして、何よりもカッコいいですね。

実はコンテナ内部は製作途中なので、今後はオリジナルの棚を製作したりする予定です。

 

夏に発売開始する新作タープ、FREELY WING TARP 12も設営。

全長12フィートなんですが、庭キャンプにもフィットするサイズ感でした。

ポリエステルスパンで製作しているので、ちょっとやそっとの風でも安心ですよ。

何より、その遮光性が個人的に大のお気に入り。

 

木製の壁は子供の目線を考えて高さを設定しています。

外からも見えにくく、安心して子供達が遊べる空間にしました。

セキュリティ面を考えて、大人の目線では立った時に周辺がしっかり見渡せるようにしてあります。

施工主が自らウッド配列をデザインされてもいいですね。

物件が街中なので、今回はミニマルな3段配列でデザインしてみました。

 

ボルタリングができるように、簡易的なウォールを設置しました。

こういった遊びを通じて、子供達の可能性が大きく広がっていって欲しいですね〜

 

スラックラインでも遊べるように、庭の全てを芝生サイトにしました。

敷地面積が建物を合わせても62坪あって、かなり贅沢なプライベートキャンプ場のできあがりです。

 

こんなスペースで庭キャンプなんてどうでしょう?

7/8(土)〜9(日)はいよいよグランドオープンです。

少しデコレーションを変更したり、新しくイベント要素も盛り込まれるようです。

ぜひ気軽に遊びに来てください。

今の所、私もスタッフとして参加する予定です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

bryan

Pocket